歳をとるのがすごく怖い。今からできるアンチエイジング対策

MENU

歳をとるのが怖くなってきたら

歳をとるのって、すごく怖いですよね。
私が歳をとることを意識し始めたのは20歳の誕生日からでした。
20歳の誕生日って、いろいろ突きつけられるんですよね。
誕生日になった瞬間に届く年金手帳は自分が大人であることを突きつけ、大人であるという事実がこれから歳をとるたびに体が衰えていくことを突きつけるんです。

 

そこで考えるのがアンチエイジング。
将来の自分の美容や健康のためにできることは何だってしたいですよね。
そんな歳をとるのが怖いと思っている人に、今からできるアンチエイジング対策を説明します。

 

 

アンチエイジングには栄養

 

アンチエイジングと難しく言いますが、要は本来からだに必要な栄養を本来からだに必要な分だけ摂取すればいいだけなんですよ。
「え、そんなこと!?」と思うでしょうが、これが意外と現代人が出来ていないことなんです。
現代人は慢性的な栄養不足だといわれています。

 

食べるものはたくさんあって困らないはずなのに、昔よりも栄養が足りていないと言われるんですね。
食べるものが増えた分、栄養を殺した料理やファストフードなどがどんどん現れましたからね。
だから栄養が不足するんです。

 

その不足した栄養を補ってやるだけでアンチエイジングになりますよ。

 

 

アンチエイジングに関わる栄養素

 

アンチエイジングに関わる栄養素は、低脂肪たんぱく質、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群、食物繊維、ミネラル。
挙げてみると結構いろいろありますね。
低脂肪たんぱく質は、脂身の少ない肉や魚、納豆やアボガドに多く含まれています。
ビタミンたちや食物繊維は主に緑黄色野菜に豊富に含まれていて、ミネラルは緑黄色野菜や海藻類や牛肉に多いですね。

 

たんぱく質は骨や筋肉を作るのに大切なもので、身体機能の低下を防ぐことができます。
ビタミンEは若返りのビタミンとも言われているほどで、強い抗酸化作用によって細胞と血液の酸化を防ぎ、代謝をよくしたり細胞を健康な状態にすることによって肌が綺麗になります。
ビタミンCやAやB群も似たようなはたらきです。
血液の中にあるコレステロールが酸化して血管壁に張り付き血液の流れをせき止めるのを防ぎ、血行をよくして代謝を促進し、内臓の活性化・肌の美容等に繋がります。
代謝は歳とともに下がると言われていますから、それを補うことでアンチエイジングになるわけですね。

 

食物繊維やミネラルは体の調子を整え、血液をさらさらにします。
ただ、これらの栄養をすべて食事で摂るとなると大変ですよね。
そこで青汁の出番です。

 

 

青汁で今からアンチエイジング対策!

 

青汁には上記したような栄養素がたっぷりと含まれています。
たんぱく質は含まれませんが、それ以外のビタミンやミネラル、食物繊維はとても豊富ですよ。
サラダを青汁に置き換えて毎食コップ一杯ずつ飲むだけでアンチエイジングになります。

 

たんぱく質に関してはなるべく脂身が少ない肉を買ってくるか、納豆を毎朝食べるようにするといいですね。
そうやって青汁と健康的な食生活を組み合わせることによって、今からでもアンチエイジング対策ができるんです!

関連ページ

30代からはじめておきたい若返り対策
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁アンチエイジング入門。昔の自分に戻れるかも
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。