アンチエイジングは美容外科が鉄板!?そこまでお金をかけられない方は青汁で

MENU

アンチエイジングは美容外科が鉄板!?そこまでお金をかけられない方は青汁で

近頃アンチエイジングに手を出す女性が増えました。
多くは美容のためにアンチエイジングをしていますよね。美容に重点を置いたアンチエイジングをする場合、美容外科が鉄板なようです。

 

「美容」ってついてますしね。
美容外科には美容のスペシャリストが集まっています。しかも医療機関。安心感はダントツ。そのため、美容外科を利用する人は多いです。

 

ただ、そこまでお金をかけられないという人も多いでしょう。低価格でアンチエイジングというのでは青汁が注目されています。そこで、美容外科と青汁を比較してみましょう。

 

 

美容外科でアンチエイジング

 

美容外科でアンチエイジングをするメリットとデメリットとは。

 

コスパはいかが?

 

利用するところによってかなり値段にはばらつきがあります。医療用のスキンケアだと、平均が約6万円程度。点滴療法になると、1回の点滴で3000円ほど。しわ取りをする人が多いそうですが、しわ取りだと10万以上が相場です。

 

値段が高いのは確かな効果と安心感のためですね。
美容医学に基づいて最新機器や最新の点滴を使って治療を行ってくれます。確実に効果を期待することができるという点が、美容外科の値段に現れているので、コスパが悪いとは言えません。

 

ただ、一度に大きなお金が必要なので、金銭面での余裕が必要でしょう。

 

相談ができる

 

美容外科の大きなメリットが、無料で相談やカウンセリングを行ってくれるというところです。カウンセリングは無料というところがほとんどですね。専門医に気軽に相談ができ、アンチエイジングのためのアドバイスや、どの治療が最適かなどを知ることができるのは心強いでしょう。

 

一人で行うアンチエイジングではできないことです。

 

術後ケアもしてくれる

 

術後のケアもしっかりしてくれますし、1年間の保証が付いている美容外科もあります。専門家がしっかりと面倒をみてくれるということが、美容外科の一番大きなメリットでしょう。

 

 

■青汁のメリットとデメリット

 

青汁のメリットとデメリットとは?

 

内側から作用する

 

青汁はからだの内側から作用するものです。
美容効果というのは効果の一部にすぎません。美容や健康など総合的な面からアンチエイジングができますよ。

 

老化の原因は細胞や血中悪玉コレステロールの酸化です。人間が絶えず取り込んでいる酸素。この酸素が体の中で活性酸素に変化する場合があります。突然変異体とでも考えればイメージしやすいかもしれませんね。

 

その酸素の突然変異体である活性酸素が血液の中に入り込むんです。血液の中に入り込んだ活性酸素は血中悪玉コレステロールと結びつき、酸化させます。酸化した悪玉コレステロールは血管にダムをつくってしまい、血液の流れが悪くなるんですよ。血液の流れが悪いと肌や内臓に思うように血液が巡りません。

 

そうして肌がかさかさになり、内臓が衰えて老化現象が現れます。血液から活性酸素が細胞に到達すると、細胞が酸化して同じように衰えてしまうんです。そしてシミやしわになる。それが老化の仕組みです。

 

それに抗うのが青汁に大量に含まれているビタミン。ビタミンには強い抗酸化作用があります。活性酸素を倒すための武器ですね。武器のレベルがとても高いというイメージ。

 

そのレベルの高い武器で活性酸素を倒してくれるため、酸化を防ぎ、老化を防ぐんです。根本から原因を取り除き、内臓の働きや血流も促進されるため、動脈硬化や心筋梗塞などになりにくくなります。シミやシワができにくくなるなどの美容効果もありますよ。

 

安い

 

青汁はとにかく初期投資が安く済みます。
高くても1箱3000円から5000円。それで30パックから50パックほど入っています。

 

安いものであれば30パックで1000円ちょっとのものもありますが、有名どころだと3000円くらいですね。「とりあえず試してみるか」という使い方ができるのが青汁のメリット。今お金がないけど、とりあえずアンチエイジングがしたいという人におすすめです。

 

長い間続けないといけない

 

青汁は体の内側からじわじわと作用するもの。
長い間続けなければいけないというのがデメリットです。また、効果も実感しにくいですね。

 

長い間続けても、効果が出ているのかを判断しにくく不安になってしまうのがデメリット。生活に定着してしまえば不安にもなりませんが、定着するまでが辛いです。

 

美容外科は「改善」するところ、青汁は「予防」するもの

 

お金を掛けられない人には青汁がおすすめですが、美容外科が駄目だというわけではありません。そもそも美容外科と青汁では役割が少し違うのだと個人的には思います。美容外科で行われる施術は老化を改善するもの。シミ取りやシワ取りなどが主な治療になっているのがその証明です。

 

もう症状が現れている人が通うのが美容外科。これからの美容健康のために老化を予防するというのが青汁。それぞれの役割に合わせて、財布とも相談して何を利用してアンチエイジングをするのかを決めるといいでしょう。

関連ページ

30代からはじめておきたい若返り対策
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
歳をとるのがすごく怖い。今からできるアンチエイジング対策
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁アンチエイジング入門。昔の自分に戻れるかも
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
美容にお金を掛けられないけどアンチエイジングに興味あり!そんな方は青汁がおすすめ
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
美容クリニックって高い!でもアンチエイジングしたい!
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁でアンチエイジング入門。エステサロンはまだ早い!
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
30代から始める少し早目のアンチエイジング。入門として青汁生活がおすすめ
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。