私の母が青汁でキレイになった

MENU

私の母が青汁でキレイになった

これは、とある人のお母さんの話です。
彼女のお母さんが、なにやら最近綺麗になっている。そのことに気がついた彼女は、首をかしげながら「なんか最近綺麗になってない?」とききました。すると彼女の母は「ん、これを飲んでいるのよ」と青汁の箱を娘に見せながら。

 

青汁で綺麗になったと語る母。
「青汁で綺麗になるの?」と疑問に思った彼女。彼女は最初信じませんでしたが、実は青汁には体の内側から「綺麗になる」すなわち「美肌になる」効果があるのです。

 

 

青汁の美肌効果とは?

 

青汁の美肌効果というのは、どのようなものなのでしょうか。

 

青汁に含まれている豊富なビタミン

 

青汁は野菜を元としているものなので、ビタミンが豊富です。
彼女の母が飲んでいたという青汁はケール100%のもの。青汁にはケールと大麦若葉と明日葉という原料がありますが、この中で一番ビタミンなどの栄養価が高いのがケールなんです。といっても、それほど大差があるわけではありませんけどね。

 

ケールは欧米では、野菜の王様(King of vegetable)と呼ばれているくらい栄養価が高い野菜でおなじみです。

 

ビタミンがどうして美容効果があるかというと、ビタミンの持つ強い抗酸化作用のため。人間の肌がどうして年とともに劣化してしまうのか。くすみやシミ、シワやたるみ、乾燥肌の原因。それは、人間の細胞が酸化しているからです。

 

もうひとつ原因があるのですが、そちらは後ほど説明します。酸化というと、身近なところでは果物の変色ですね。リンゴを剥いてしばらく置いておくと変色したという経験がある人は多いでしょう。あれが酸化です。

 

酸化してしまったリンゴは変色して、味もあまりおいしくないですよね。それに水分も飛んでしまっていてみずみずしさも失われている・・・。「ん、待てよ?」そう、人間の肌にも同じことが起こっているんです。

 

酸化する原因は増えてしまった活性酸素。
若いうちは活性酸素に抗うための物質が体で作られるので問題ないのですが、30代をすぎるとそれが作られにくくなります。それによって活性酸素が増えてしまい、細胞が酸化するんです。

 

ついでに血中の悪玉コレステロールを酸化させて血管にダムをつくって血液をドロドロにします。それが便秘やドロドロ血液、動脈硬化などの原因になってしまうんですね。そんな活性酸素のはたらきによって細胞が酸化すると、シミになったり(変色したり)乾燥肌になったり(みずみずしさが失われたり)してしまうわけです。

 

そんな活性酸素の数を減らして酸化に抗うのがビタミンCの持つ抗酸化作用。体で作られなくなったものをビタミンCで補うわけです。抗酸化作用によってお肌を酸化から守ります。ついでに血液もサラサラになりますよ。

 

青汁の葉酸が肌を生まれ変わらせる

 

酸化から抗うだけでは、「予防」はできても「改善」はできません。ではお肌の被害を改善し、キレイになるためには何が必要なのでしょうか。それは、新しい細胞です。

 

アンパンの顔をしたヒーローがいますよね。国民的ヒーローのアンパンです。あのアンパンは、水にぬれてピンチになると弱ってしまいます。あれが「細胞が傷ついた状態」や「細胞が酸化した状態」です。

 

そこで救世主である女性がやってきて、新しい顔を授けます。それが、新しい細胞。それによって元気百倍になるのです。

 

あのヒーローのように、人間の肌も新しい細胞さえ持ってきてやれば元気百倍になります。年をとると若い頃よりも細胞分裂がされにくくなるんです。さらに、細胞分裂をするために必要なものも現代人は不足しがち・・・。

 

細胞分裂をするために必要な血行は、ビタミンCで改善されますが、その素材はビタミンCではどうにもなりません。細胞分裂をするために必要な素材というのが、葉酸。葉酸は野菜全般に含まれています。ということは、青汁にも豊富に含まれているということ。

 

葉酸は細胞分裂をする際、新しい分裂の核酸になります。要は心臓部分ですね。その葉酸をたくさん摂ってあげることで、細胞分裂を促し、新しい細胞を肌に与えてあげれば、シミやシワにくすんでしまった肌も、乾燥肌も生まれ変わるんです。

 

そうして生まれ変わり、なおかつビタミンCの抗酸化作用で酸化が防がれれば、キレイになれます。そういうわけで、青汁には美容効果があると言えるんです。

 

 

青汁を楽しく摂ってキレイになろう

 

彼女の母は、毎日青汁を飲んでいました。
でも、それだけではなかったんです。

 

青汁を楽に飲む方法

 

青汁を楽に飲む簡単な方法を紹介します。
冒頭で「青汁でキレいになった」と語っていた彼女の母が実際にやってみたという方法です。青汁を牛乳か水で溶かし、青汁を作ります。そこにカクテル用のレモン汁を一滴か二滴ほど垂らし、マドラーなどで混ぜるだけです。

 

レモン汁の酸味が青汁の苦味を抑えてくれるため、ケール100%の青汁でも楽に飲めますよ。

 

青汁をアレンジしてみる

 

青汁のアレンジをいろいろと紹介します。
まずは、はちみつ。コップ一杯の青汁に、小さじ2杯程度のはちみつを加えて、マドラーで混ぜます。これだけで完成ですよ。蜂蜜入りの青汁なんかも売られており、青汁と蜂蜜がマッチして苦味を消してくれることは青汁メーカーも語っていることです。

 

蜂蜜でほんのり甘くまったりとした味にしてみるのもいいですね。

 

最後に紹介するのは、青汁をオレンジジュースで割ることです。青汁をつくっておきます。青汁とオレンジジュースを2:1程度の割合で混ぜましょう。それだけで、甘みと酸味両方の効果で青汁の苦味や渋みを緩和させることができます。

 

このように、楽しいアレンジ方法はいろいろあります。紹介したものは、すべて「とある人のお母さん」が試してみたもの。自分に合うものを探してみましょう。

 

そうして、青汁で綺麗になってみてはいかがでしょうか、あなたも。

関連ページ

いまどきのターンオーバーの促進法は化粧水なんかではなく青汁で
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
ターンオーバーを正常化するのにオススメの青汁はどんなの?
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁がターンオーバーを促進する理由。肌荒れがなかなか改善しない場合ははじめてみよう!
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁で美白作り。ターンオーバーの正常化がカギ
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁が美肌を作るといわれている理由
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
20代から青汁って早すぎる!?30代で差をつける鍵に
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
30代からのお肌の悩み。美容商品にお金を使うのは間違っている?
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。