20代から青汁って早すぎる!?30代で差をつける鍵に

MENU

20代から青汁って早すぎる!?30代で差をつける鍵に

美容と健康というのは、両方とも早いうちから手を打っているに越したことはありません。40代は人生の曲がり角、30代は美容と健康の曲がり角。そんな曲がり角を曲がってしまう前である20代。もうコーナーは見えているけれどもまだ100メートルほどの距離があります。

 

ほんの数百メートルほど先のところにいる自分の肌は、綺麗でしょうか。健康でいることができているのでしょうか。そんなすぐ先の未来のために、何かをするのは決して早くはありません。

 

美容と健康に良いといわれている青汁も、20代から飲むべきものですよ。さあ、美容と健康対策をして30代で周りに差をつけてしまいましょう。

 

 

20代から備えるべき、そのわけは?

 

30代からのお肌の老化や体の老化。
それに20代から備えるべきというその理由はなんでしょうか。

 

30代から作られにくくなる「あるもの」

 

30代になると、以前は体で作られていた「あるもの」が作られにくくなります。その「あるもの」というのは、体の老化や肌の老化に抗う効果のあるもの。言えば美容救世主。

 

30代を過ぎると、肌にシミやシワができやすくなりますよね。
その肌のシミとシワの原因をつくっているのが、活性酸素というもの。活性酸素は肌の細胞を酸化させて、そのはたらきを弱めてしまうのです。はたらきが弱い細胞でつくられた肌は、ハリを保てなくなってたるんでしまい、水分も失われていきます。

 

そうして干からびた肌は、荒野のようにカサカサで、ハリがなくなった肌はシワが寄ってしまいます。酸化することによって肌にダメージが加わり、シミになるんです。それに抗うのが、美容救世主である「アルモノ」それは、抗酸化物質。

 

酸化に抗う物質ですね。
増えすぎた活性酸素を除去して肌を守ってくれます。30代から抗酸化物質の数が減るのですが、減ってから対策をしては実は遅いんです。もうすでに傷ついた細胞は、抗酸化物質で元通り・・・というわけにはいきません。

 

あくまでも予防ですからね。

 

20代から抗酸化物質を摂っておく

 

体外から抗酸化物質を摂るのが大切です。
たとえば、ビタミンC。ビタミンCはとても優れた抗酸化作用を持っている栄養素です。20代からビタミンCを摂っておく習慣をつけることによって、酸化による肌荒れを防ぐことができます。

 

さらに、酸化というのは細胞にのみ作用するものでなく、血液の中の悪玉コレステロールにも作用するんです。酸化した悪玉コレステロールは血管にダムをつくって血液の流れを悪くします。コレステロール値が高くて血液がドロドロになるというのは活性酸素のせいなんですね。

 

そうして動脈硬化などの病気を引き起こすこともありますから、やはり20代からビタミンを摂っておくべきです。ビタミンCはレモンやブロッコリー、ゴーヤ、ケールなどに豊富に含まれています。ブロッコリーは茹ですぎないように気をつけながら茹でるだけで食べられますし、ゴーヤは軽く炒めるだけであれば、ビタミンが死ぬ前に食べることも可能です。ビタミンは熱に弱く水に溶けてしまいますからね。

 

 

未来の自分は、今いる場所から数百メートル離れただけの同じ市内にいる

 

30代になった自分のために、20代から美容・健康対策をはじめましょう。そのためにおすすめの方法を紹介します。

 

青汁を飲む

 

ビタミンC豊富な野菜をたくさん食べるのもいいですが、それはなかなか続かないもの。最初からたくさん野菜を食べようとすると挫折につながります。かといって少量だと効果が物足りない・・・。そこで青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

青汁はコップ一杯飲むだけで一食分の野菜の栄養を補うことができます。毎食青汁を飲む習慣を付けるといいですね。簡単に飲むことができて続けやすいので、習慣化するのも比較的早いかと思われます。

 

どんな青汁がいい?

 

30代からの美容と健康のために飲むのであれば、ビタミンCがなるべく多く含まれている青汁がいいですね。ついでに「若返りビタミン」とも呼ばれているビタミンEも豊富だとなお良いです。そんな青汁は何かというと、ケールで作られている青汁。ビタミンC豊富な食べ物のところに、ケールをしれっと入れておきました。

 

ケールはビタミンCがとても豊富で、ビタミンEも豊富。ビタミンC豊富なブロッコリーの原種ですからね。ブロッコリーはケールを食べやすく品種改良したものの一種。食べやすくする過程で栄養素を少し減らしているんです。

 

その元となったケールに栄養素が豊富なのは、想像しやすいですよね。できればケール100%に近いものにしましょう。

 

未来はすぐそこ

 

とある小説の一節に、次のような文章があります。
これは主人公が未来を垣間見たときに、未来に住んでいる美女に恋をしたのですが、そのときに言った言葉です。

 

「あなたがたは、あの少女が将来、この世界に住むだろうという言いかたをするでしょうが、ぼくは、彼女が未来という時間に住んでいるといいたい。みなさんやわたしとおなじように、ニューヨークの、ここから数百メートルしかはなれていないところに住んでいるのです。」

 

未来の自分はここから数百メートルしか離れていないところに住んでいます。現在の自分と未来の自分は陸続き。20代はまだ余裕だと思い、不摂生をしたり、「まだ余裕」と思って何も対策をしないでおきがちになります。

 

でも、本当は20代から青汁などをはじめて、美容や健康を良い状態に保つ必要があるんですよ。

関連ページ

いまどきのターンオーバーの促進法は化粧水なんかではなく青汁で
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
ターンオーバーを正常化するのにオススメの青汁はどんなの?
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁がターンオーバーを促進する理由。肌荒れがなかなか改善しない場合ははじめてみよう!
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁で美白作り。ターンオーバーの正常化がカギ
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
私の母が青汁でキレイになった
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
青汁が美肌を作るといわれている理由
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。
30代からのお肌の悩み。美容商品にお金を使うのは間違っている?
美容効果のある青汁のご紹介。青汁でニキビが改善できるは本当か。